MOVIE(動画による操作説明)

HOW TO USE

スイング感度の設定

ラウンドまでに準備する

オートディスタンスのスイング感知は、腰の動きを捉えてスイングしたかを見ています。

基本的には、腰の捻転具合を感知するようになっていますので、以下のことに該当する方はスイング感知しにくい傾向にあります。

・腰の回転が少ない

・手打ち気味

・スウェーの動きが大きい

※スイングは個人差があります。スイング感知の感度を3段階で設定できますので、調整してお試しください。

●標準感度

出荷時は「標準」で設定されています。

●高感度

スイング感知しやすくなっています。

スイング感知しにくい方は、「高感度」に設定してお試しください。なお、スイング以外の動作で誤って感知することがあります。

●低感度

スイング感知を抑えた設定です。腰の捻転が少ないとスイング感知しません。腰の切れがいいショットだけを計測したい、記録したい方は「低感度」をお試しください。

 

[検索キーワード]

飛距離出ない 飛距離ライン 反応しない 検知しない 調整

お探しの情報は見つかりましたか?

お探しの情報が見つからない場合、お問い合わせフォームから、ご連絡ください。 サポートより回答させていただきます。

loading