MOVIE(動画による操作説明)

HOW TO USE

オートディスタンス機能(自動飛距離計測)

ラウンドする

オートディスタンス機能

●スイングを感知し、自動で地点登録を行い、飛距離を計測します。

オートディスタンス機能は、スイング時のボディーターンによる腰の動きを検知することで反応します。

●斜面などで腰の動きが少ない場合や手打ちになっている場合などはショットが検知されないことがあります。

●アプローチなどの軽いショットやパッティングは、ショットが検知されず飛距離計測できない場合があります。

●ショット前の静止が不十分な場合、ショットが検知されないことがあります。

●ショットが自動検知されない場合は[飛距離決定ボタン]を押して手動で飛距離計測を行うことができます。

(注意)

・NEXT2を専用ポーチに収納して、ベルト通しで腰にしっかり固定してご使用ください。

・市販の横向きポーチやポケットの中に入れてのご使用はショットが検知されにくくなりますのでお止めください。

※動画の中で「オートディスタンス機能」でうまく飛距離を計測できない場合の対処法もご案内しています。

 

[検索キーワード]

飛距離 距離を測る 飛距離を見る 飛距離計測ライン 飛距離を見る 地点データ 反応しない 飛距離出ない 腰の捻転 腰の回転

お探しの情報は見つかりましたか?

お探しの情報が見つからない場合、お問い合わせフォームから、ご連絡ください。 サポートより回答させていただきます。

loading